Navigator を使って、ページ遷移を実装します。

ルーティングの定義

まず、 MaterialApp の 引数に routes を指定していきます。

class MyApp extends StatelessWidget {
  @override
  Widget build(BuildContext context) {
    return MaterialApp(
      title: 'Flutter Demo',
      theme: ThemeData(
        primarySwatch: Colors.blue,
      ),
      home: MyHomePage(title: 'わかりやすい'),
      routes: {
        '/second': (BuildContext context) => MySecondPage(),
      },
    );
  }
}

のようになります。今回は、 '/second' というルートに対して、 MySecondPage を開くようなプログラムとなります。

ページ遷移

続いてページ遷移です。

Navigator.of(context).pushNamed('/second')

とすることで、 '/second' に対する、 MySecondPage ページ遷移が実現できます。

コードの例

例えば、コードは以下のようになります。

import 'package:flutter/material.dart';

void main() => runApp(MyApp());

class MyApp extends StatelessWidget {
  @override
  Widget build(BuildContext context) {
    return MaterialApp(
      title: 'Flutter Demo',
      theme: ThemeData(
        primarySwatch: Colors.blue,
      ),
      home: MyHomePage(title: 'わかりやすい'),
      routes: {
        '/second': (BuildContext context) => MySecondPage(),
      },
    );
  }
}

class MyHomePage extends StatefulWidget {
  MyHomePage({Key key, this.title}) : super(key: key);

  final String title;

  @override
  _MyHomePageState createState() => _MyHomePageState();
}

class _MyHomePageState extends State<MyHomePage> {

  @override
  Widget build(BuildContext context) {
    return Scaffold(
      appBar: AppBar(
        title: Text(widget.title),
      ),
      body: Center(
        child: RaisedButton(
          onPressed: () => Navigator.of(context).pushNamed('/second'),
          child: Text('2ページ目に行く'),),
      ),

    );
  }
}

class MySecondPage extends StatelessWidget {

  @override
  Widget build(BuildContext context) {
    return Scaffold(
      appBar: AppBar(
        title: Text('わかりみ'),
      ),
      body: Center(
        child: Text('2ページ目'),
      ),
    );
  }
}

スクリーンショット

2ページ目に行って戻ってくることができるようになりました。

参考リンク