FlatButton を使って、フラットなボタンを表示します。

フラットなボタンの表示

FlatButton はシンプルなフラットなボタンを表示するためのウィジットです。 押下したときの動作 onPressed と、中身の要素 child が必須な引数となります。

その他、 colorpadding などを含めることができて、

FlatButton(
  padding: EdgeInsets.all(20.0),
  color: Colors.lightBlue,
  onPressed: () {
    setState(() => _count++);
  },
  child: Text('Plus One'),
)

のように書きます。

FlatButton は、マテリアルな要素なので、押下すると波紋が広がるようなエフェクトが適応されます。

コードの例

例えば、コードは以下のようになります。押下すると整数値 _count が上がっていくようなプログラムです。

import 'package:flutter/material.dart';

void main() => runApp(MyApp());

class MyApp extends StatelessWidget {
  @override
  Widget build(BuildContext context) {
    return MaterialApp(
      title: 'Flutter Demo',
      theme: ThemeData(
        primarySwatch: Colors.blue,
      ),
      home: MyHomePage(title: 'わかりやすい'),
    );
  }
}

class MyHomePage extends StatefulWidget {
  MyHomePage({Key key, this.title}) : super(key: key);

  final String title;

  @override
  _MyHomePageState createState() => _MyHomePageState();
}

class _MyHomePageState extends State<MyHomePage> {
  int _count = 0;

  @override
  Widget build(BuildContext context) {
    return Scaffold(
        appBar: AppBar(
          title: Text(widget.title),
        ),
        body: Center(
          child: Column(
            mainAxisAlignment: MainAxisAlignment.center,
            children: <Widget>[
              Text("$_count"),
              FlatButton(
                padding: EdgeInsets.all(20.0),
                color: Colors.lightBlue,
                onPressed: () {
                  setState(() => _count++);
                },
                child: Text('Plus One'),
              ),
            ],
          ),
        )
    );
  }
}

スクリーンショット

押下すると値が上がっていくことが確認できます。 (実際は、波紋が広がるようなエフェクトがあります。)

参考リンク