PaddingEdgeInsets を使うことでパディングを持たせることができます。

パディングとは

Padding は余白を作るためのウィジットです。

Padding(
  padding: EdgeInsets.all(20.0),
  child: Text("余白のある要素"),
),

のように書きます。引数 child には、余白の中の要素を、 padding には、持たせたいパディングの大きさを指定します。

上の例は、四方均等に 20.0 のパディングを持たせます。

20.0 は、パディングの大きさですが、 20 と書いてしまうと、ビルドエラーになってしまうので注意してください。

他に、

EdgeInsets.only(top: 10.0)

や、

EdgeInsets.only(top: 10.0)
EdgeInsets.only(top: 10.0, right: 20.0, bottom: 30.0, left: 40.0)

のように、四方のパディングの大きさを任意に設定することができます。

コードの例

例えば、コードは以下のようになります。

import 'package:flutter/material.dart';

void main() => runApp(MyApp());

class MyApp extends StatelessWidget {
  @override
  Widget build(BuildContext context) {
    return MaterialApp(
      title: 'Flutter Demo',
      theme: ThemeData(
        primarySwatch: Colors.blue,
      ),
      home: MyHomePage(title: 'わかりやすい'),
    );
  }
}

class MyHomePage extends StatefulWidget {
  MyHomePage({Key key, this.title}) : super(key: key);

  final String title;

  @override
  _MyHomePageState createState() => _MyHomePageState();
}

class _MyHomePageState extends State<MyHomePage> {

  @override
  Widget build(BuildContext context) {
    return Scaffold(
      appBar: AppBar(
        title: Text(widget.title),
      ),
      body: Column(
        crossAxisAlignment: CrossAxisAlignment.start,
        children: <Widget>[
          Text("余白のない要素"),
          Padding(
            padding: EdgeInsets.all(20.0),
            child: Text("余白のある要素"),
          ),
        ],
      ),
    );
  }
}

スクリーンショット

参考リンク